×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンバース 「コンバースオールスター」

コンバースとは

コンバースとは、アメリカのマサチューセッツ州でデパートを経営するマーキス・M・コンバースが創業したシューズメーカーです。会社のある地域の気候に着目し、降雪量が多く、深い森や湿地帯の続くマサチューセッツ州の、雨や雪の中でも作業出来る、ラバーシューズの製造をその翌年から開始し成功しました。


コンバースがバスケットシューズの生産に着手したのは、冬場だけのラバーシューズに加え、季節を問わず製造販売が可能な商品が必要だと考えた事が始まりです。地元で注目を集めていたバスケットを販売ターゲットに定め、当時のスタープレイヤー、チャールズ・H・ティラーの生涯を通じて愛される「キャンバスオールスター(コンバースオールスター)」を1917年に発売しました。


コンバースがその後発表したモデルの多くが今も愛される程のデザインと機能性に富んだものばかりです。しかし、競争を仕掛ける企業が無いわけではなく、企業買収を余儀なくされた事もありますし、思うように売上の伸び無いモデルがあったことも確かです。その中で常にシーンをリードする位置に君臨し続けた事が本当のブランド力の証だと思います。


コンバースの倒産は、ナイキや、ニューバランス等のライバル企業が出現してき事からはじまります。2001年1月にはその勢いにのまれ、ついに倒産にまで追い込まれました。その理由によって、コンバースはスポーツシューズ市場から一時姿を消しました。2002年4月に日本の伊藤忠商事が資本参加し、日本に、コンバースジャパンが設立され、新しいファンを増やしながら今日に至ります。


コンバースの人気復活

コンバースとは、アメリカのマサチューセッツ州でデパートを経営するマーキス・M・コンバースが創業したシューズメーカーです。会社のある地域の気候に着目し、降雪量が多く、深い森や湿地帯の続くマサチューセッツ州の、雨や雪の中でも作業出来る、ラバーシューズの製造をその翌年から開始し成功しました。


コンバースが、ラバーシューズの次に考えだしたのが、地域で盛んにおこなわれていた、バスケットボールのシューズでした。それが今日までコンバースの名を世に残す事になるコンバースオールスターの誕生につながります。当時のバスケットのスター選手チャールズ・H・ティラーがその品質にほれ込み、自らも製品の改良を提案した事も手伝って、会社もシューズも揺るぎない地位を確立します。


コンバースは、常にスポーツシューズの一角を担い、機能性とデザイン性を併せ持った最高級のモデルを作り上げてきました。しかし、常に成功の実績だけではなく、企業的にはブランドのネームバリューとは裏腹の企業買収や、売上の不振も、アメリカ工場撤退、倒産まで経験しています。


コンバースの人気復活には、やはりファッションに敏感な女性が一役買っているようです。ファッション雑誌で人気モデルがコンバースワンスターを履いていた事が注目され、徐々に人気が再燃してきています。スポーツシューズとしてだけでなく、ファッションとして手に入れた人が、その履き心地に魅了されるのも時間の問題でしょう。昔のようにコンバース人気が戻ってくる兆しが見えています。


コンバースの倒産

コンバースと言えばバスケットボールと言う図式が出来るほどに、世界のスポーツシーンに君臨し続けたメーカーですが、創業当初は、会社のあるマサチューセッツ州の地域の気候に着目し、降雪量が多く、深い森や湿地帯の続く、雨や雪の中でも作業出来る、ラバーシューズの製造を中心に成功した企業でした。


コンバースが、ラバーシューズの次に考えだしたのが、地域で盛んにおこなわれていた、バスケットボールのシューズでした。それが今日までコンバースの名を世に残す事になるコンバースオールスターの誕生につながります。当時のバスケットのスター選手チャールズ・H・ティラーがその品質にほれ込み、自らも製品の改良を提案した事も手伝って、会社もシューズも揺るぎない地位を確立します。


コンバースは、常にスポーツシューズの一角を担い、機能性とデザイン性を併せ持った最高級のモデルを作り上げてきました。しかし、常に成功の実績だけではなく、企業的にはブランドのネームバリューとは裏腹の企業買収や、売上の不振も、アメリカ工場撤退、倒産まで経験しています。


コンバースの倒産は、ナイキや、ニューバランス等のライバル企業が出現してき事からはじまります。2001年1月にはその勢いにのまれ、ついに倒産にまで追い込まれました。その理由によって、コンバースはスポーツシューズ市場から一時姿を消しました。2002年4月に日本の伊藤忠商事が資本参加し、日本に、コンバースジャパンが設立され、新しいファンを増やしながら今日に至ります。